韓国ってこんな国!


by hyeminmam

カテゴリ:日用品( 5 )

保温弁当箱

보온도시락

b0163560_2075882.jpg

   先輩ママに「あると便利」と聞いて、
   前回日本に帰ったときに買ってきておいたんだけど、
   アメリカに住む義妹が甥っ子に必要だというので
   あっさりあげちゃったおバカな私・・・
   そのときはまだ寒くてあまり外出しなかったから必要ないように思えたのです^^;
   でも暖かくなって、レンジのない場所に出かける機会が多くなると
   「あ~、なんであげちゃったのかしら~~(><)」と激しく後悔。
   パンとか冷たいもの、まったく食べないのです、彼女。
   ま、1食ぐらい抜いたって大丈夫よね、
   と思ってやり過ごしてきたんですが、
   来週、朝から出かける用事ができました。
   さすがに朝昼の2食まともに食べれないのはきつい。
   で、結局また保温のお弁当箱を買いました^^;
   何やってんだか・・・


   これは韓国製だけど、この形がなかなかなくて苦労しました。
   たいていのものは縦型なんですよねぇ。
   そう、おじさんが持っていそうなやつ。
   どっちが持ち運びに便利なのかわからないけど、
   縦型はバッグの中で倒れやすそうだな・・・と思ったので
   ネットで探した、探した!
   でも、“あった!”と思うと、それはたいてい日本製。
   コッキリピョ! 
   コッキリ=象 ピョ=印 つまり象印(笑)
   韓国人はなぜか保温系のもの、ジャーにしろ、水筒にしろ、ポットにしろ、
   象印が大好き。
   品質に絶対的な信頼があるみたいです。
   デザインもかわいいのが多いし、欲しいな~と思ったんだけど、
   お値段がかわいくないっ!
   日本の2倍は迷います。
   で、結局、一生使うもんじゃないし、安いのでいいよ、とこれにしました。
   今まで憧れてた、公園でランチ♪とかしてみようかな~^^
[PR]
by hyeminmam | 2009-05-01 20:20 | 日用品

綿コーティングゴム手袋

면코팅고무장갑


  約1年前、生まれてくる娘のために
b0163560_1752969.jpg
  自分で石けん(천연비누)を作ってみたんですが・・・

  無添加にこだわるあまり、香料を一切入れないで作ったら

  なんかアブラ臭い使い心地の悪い石けんになってしまって

  結局削って台所用に・・・^^;

  お肌に優しいのはいいんだけど、
  
  ギトギトの油がついた食器や鍋を洗うのには不向きかなぁ^^;

  そこで仕方なく市販の合成界面活性剤の洗剤を買ったら、

  その日から手にブツブツができてしまいました(><)
b0163560_17102676.jpg

韓国にもあるのです、コレ、조이
ちなみにその右にあるのがクエン酸(구연산)スプレー
左にあるのが重曹(베이킹소다)
クエン酸も重曹もインターネットのショッピングサイトなどで買えます


  手荒れも気になったので、今まで敬遠してたゴム手袋を使ってみることにしました。

  韓国のゴム手袋ってきついピンク色でかわいくないうえに
 
  何回か使った時に手がかぶれてしまったので避けてたのです。
b0163560_17183774.jpg
棚の真ん中あたり、白っぽいのが日本製


   でもこないだ行った時に、よーく見てみると

   「綿コーティング(면코팅)」と書いてある鮮やかな黄色いゴム手袋が。
b0163560_17264054.jpg

   なんかアメリカあたりのドラマでこんなの見たわ!と思うと

   急に購買意欲がわいて・・・

   ・・・結局 お買い上げ(笑)

   いい感じで使ってます^^
b0163560_17281654.jpg

[PR]
by hyeminmam | 2009-04-06 17:02 | 日用品
슈가버블 (HPはこちら


ムルピヌがそろそろなくなったので、次に買ったのがこれ。シュガーバブル。
人体に無害なサトウキビとオリーブオイルを原料にしてるんだとか。
b0163560_7481962.jpg


ビタミンカラーで思わず手に取りたくなるデザインですね。


商品名の上下には、

 〝フィトンチッド 殺菌・抗菌・森林浴効果〟

 〝蛍光漂白剤、SLS無添加〟 と書いてあります。

裏を見ると・・・
  
 〝強力な天然洗浄〟
  天然シュガー界面活性剤とたんぱく質分解酵素がきれいに洗い上げます
 
 〝蛍光漂白剤無添加〟 
  皮膚炎誘発など人体に害となる蛍光漂白剤は入っていません

 〝SLS無添加〟
  皮膚に刺激を与える環境ホルモン物質SLSは入っていません

 〝フィトンチッド効果〟
  ペクトゥ山(百頭山)のフィトンチッドによる殺菌、抗菌、森林浴効果で
  皮膚の敏感なお子様にも安心


 〝天然成分が皮膚を保護〟
  キシリトールとブドウ糖が結合した成分で手洗いしてもお肌を保護します

 〝カスが残らず100%溶解〟
  冷たい水でも100%溶けてガンコな汚れも落とし、洗剤カスが残りません


なんて言葉がズラズラ並んでて、こんなの見たら買わずにいられないー(笑)

で、さっそく使ってみてるところですが、今んとこいい感じです。

オムツを洗ってもおしりが赤くならないし、柔軟剤なしでもフワフワ♪

香りは爽やか系で、少しミントの入ったハーブっぽい感じ。

蛍光剤が入ってないことを考えると、ムルピヌより良いと言えるんでは。

お値段は2.1㎏で9000ウォンぐらいです。(詰め替え用)
 
[PR]
by hyeminmam | 2009-03-29 10:31 | 日用品

洗濯洗剤  ムルピヌ

세탁세제


私は日本では石けん成分の洗剤で洗濯をしてました。

だから韓国に住み始めて最初にぶち当たった悩みが

〝韓国でエコ洗濯をどうやってすればいいか?〟

一応マートに行けばエコ商品を置いてるコーナーはあるんだけど、

品質が大丈夫なのか、洗浄力はどのぐらいなのか、さっぱりわからない。

どれもこれもかなりサイズが大きいから試してみるのもなんか勇気いるな・・って。

b0163560_18465546.jpg

  (マートの中のエコ商品コーナー。スペースはけっこうとってるんだけど
  よく見ると同じ商品がたくさん並んでるだけで種類は少ない)


で、インターネットで探してみると韓国にもシャボン玉があるのを発見^^

一瞬喜んだものの、これまた輸入品価格でバカみたいに高いっ!

で、韓国内の会社で石けん成分の洗剤を出してるところはないかと探してみると、

ムグンファという会社からムルピヌ 물비누(直訳すると〝水石けん〟)

という商品が出ていました。
b0163560_18554047.jpg


お値段は私がいつも買い物するところでは1500mlで45000ウォン。

このぐらいの価格だと負担にならないよね~と思って買った後、

蛍光剤が入ってることに気づきました(><)

蛍光剤ってどのぐらい害があるのかわからないけど、

買ったものはとりあえず使ってみないと・・・と、

やや賭けに近い気持ちで使い続けてもうほぼなくなるところですが、

オムツ洗いに使っても赤ちゃんのおしり、赤くなったりせずに全然大丈夫でした^^

すごく良いなと思ったのは、柔軟剤なしでフワフワに仕上がるところ!

合成界面活性剤の入った洗剤に抵抗のある人にはなかなかおすすめと言えるかも♪

       おまけ:酸素系漂白剤のコーナー。
 
b0163560_10565996.jpg

    韓国での煮洗いの根強さをここでも実感。
   でも最近は「煮洗いしなくてもスッキリ!」と売り出してる商品もいろいろある

[PR]
by hyeminmam | 2009-03-26 11:18 | 日用品

洗濯鍋

  빨래솥

 韓国では家事全般、手間ヒマかけてする傾向があって、

 洗濯もガンコな汚れは煮洗いする主婦が多い(と思う)。

 洗濯機にも「煮洗いコース」ってのがあったり、煮洗い専用の洗濯機があるくらいだ。

 で、先日、冬の間の部屋干しですっかり黄ばんだ娘の布オムツ(천기저귀)を見て

 シオモニ(姑)が「これで煮洗いしなさい」とこんなのを持ってきてくれた。

 
b0163560_157622.jpg


 かなり使い込んだ感のあるアルミの大きめの洗面器。 というかタライ?

 「ぼろっ!」と思ったものの、なんとなく味があっていいな、とさっそく使ってみたところ、

 穴があいていて、煮ている最中に水もれして大変なことになった。

 そこで新しくネットで買うことに。

 主人に「これ(シオモニが持ってきた洗面器)はなんていうの?」と聞くと

 “대야〟とのこと。

 それで探すと お風呂で使う小さめの洗面器とか、

 産後に家で座浴をするための便器にパカっとはめられる洗面器がゾロゾロと出てきた。

 「他の言い方は?」と聞いてみると、〝양동이〟ではどうか、と言う。

 それで探しているうちに偶然〝빨래솥〟という言葉を発見した。

 それを入力してみるとドドーっと洗濯用の大きな鍋たちが出てきた!!

 その注文数を見て、韓国での煮洗いの根強さを実感。

 一番売れてるのは国産のステンレスのものだったけど、

 それは高いので、私はその半額ぐらいの中国製のを注文した。

 それがこれ。

 
b0163560_15155349.jpg


 泡を立てるための穴がポツポツあいた柱みたいなのが特徴(取り外し可)。

 さっそくこれを使って煮洗いしてみた。

 酸素系漂白剤→水→洗濯物の順に入れ、火にかける。

 
b0163560_15193843.jpg


 するとしばらくすると沸騰しはじめ、柱の穴からプシューっと泡と蒸気が噴き出してきた。

 
b0163560_1521924.jpg


 最初は「こんなものいらない」と思ってたガラス製のフタがここで活躍。

 で、しばらく煮て、火からおろし、他の洗濯物と一緒に洗濯機に投入した。

 (ほんとはすすぎと脱水をすればいいだけだけど、メンドーなので^^;)

 そして洗いあがったのがこちら。

 
b0163560_15264985.jpg


 左が煮洗い前、右が煮洗い後。

 すっきり真っ白になりました♪

 ちょっと手間はかかるけど、煮洗いって素晴らしい~~

 
 
[PR]
by hyeminmam | 2009-03-17 15:09 | 日用品